インプラント治療を受けられないケース

「第二の永久歯」や「再生医療に匹敵する」として
急激に支持者が増加しているインプラント治療ですが、
誰でもいつでも治療をうけられるということではありません。
患者が備えている条件によっては、インプラント治療をすることを断られる場合があります。
このサイトでは、インプラント治療を断られることのあるケースを列挙して紹介します。
ただし治療技術は日々進化していますので、事前に専門医に確かめることをおすすめします。
おすすめはこちらの蕨・さくら歯科さんです。

 

・心臓疾患のある場合:ペースメーカーや人工弁置換術をうけた人は受けられません。高血圧症や心筋梗塞の疑いのある場合は担当医に確認する必要があります・
・重度の腎疾患の場合:免疫力が低下していて傷が治りにくくなります。特に血液透析を受けている場合は骨がもろくなっているからです。
・1型糖尿病の場合:免疫機能が衰えて、抵抗力が落ちている状態のため、細菌による感染が起こりやすくなっているからです。
・骨粗鬆症の場合:骨密度が低すぎるとインプラントの埋入ができない可能性が大きいからです。
・糖尿病の場合:免疫機能が低下しているので、手術による傷が治りにくくいからです。
・歯周病の場合:顎骨が溶けてインプラント埋入の厚みがないことや、歯周病菌に感染する可能性が大きいからです
・顎骨が成長段階の場合:18歳以下の顎骨が成長段階の人にインプラントを埋入すると、顎骨だけが成長することで歯並びに影響がでてくるからです。
・放射線治療を受けている場合:癌などの治療のために放射線治療を行っている人は必ず断られます。
・ホルモン治療を受けている場合:諸説ありますが、インプラントが定着しない可能性があるからです。
・妊娠中の場合:劇的に体が変化する時期であり、心身ともに不安定なことから、手術などを避けるためです。
・チタンアレルギーの場合:金属アレルギーを持つ人の中には、チタンアレルギーの人がいるのです。
・アルコール依存症の場合:血中アルコール濃度が高く循環がよくなっていると、手術の際に出血が止まりにくいからです。