インプラント治療後のケア

インプラントは外科的手術を伴う歯科治療です。
歯茎を切開して歯槽骨と呼ばれる歯茎を支える骨に、義歯の土台となる部分を埋め込みます。
これが定着するまでに数カ月から半年ほど待ったうえで、永久歯におけるエナメル質の部分を被せるのです。
こうしたインプラント手術を成功させるには日頃のお手入れが不可欠になってきます。
土台部分を埋めてから歯冠を被せるまでの期間、そしてインプラント手術を全て終えたからもケアを欠かしてはいけないのです。
今回は、インプラント治療を受けた後にやっていきたいケアについて詳しく見ていきましょう。

 

インプラントが歯槽骨に馴染まず、ヒリヒリとした痛みを覚えている間は歯磨きをサボりたくなってしまうこともあるでしょう。
しかし、切開後の歯茎は非常に弱っていますから、ここでケアを怠るとインプラント周囲炎などのお口トラブルに見舞われてしまうのです。
毎日の歯磨きではプラークコントロールに配慮しましょう。
プラークとは虫歯や歯周病を発生させる菌の塊です。
プラークはお口を水でゆすぐだけでは落ちにくいので、歯ブラシで磨いてあげる必要があります。
歯の表面だけでなく、歯と歯茎の間や歯の裏側も丁寧に磨きましょう。

 

口腔ケアの詳細を教えてくれる病院はこちらです。

 

歯と歯の隙間にあたる側面もプラークが付着している可能性があります。
デンタルフロスや歯間ブラシで歯間磨きを施し、プラークに侵食されないようにケアしていきましょう。
定期的に歯科医院を訪れて、口内のクリーニングをしてもらうのも有効です。
いわゆるPMTCや予防歯科の治療を受診することも、インプラントのケアの一助となります。
治療後の対応を誤ることなく、インプラントを長持ちさせるケアを続けてください。